岸田文雄首相は12日、観光支援事業「GoToトラベル」について、再開準備を検討する考えを示しました。

政府は当初、1月にGoToトラベルを再開する方向で検討していましたが、新型コロナウイルス感染拡大第6波の影響で調整が難航していました。

目次
岸田首相「適切な時期に迅速な再開を」

岸田首相「適切な時期に迅速な再開を」

岸田首相は12日、訪問先の宮城県石巻市で記者団の質問に回答しました。

「GoToトラベル」について岸田首相は「適切な時期が来たら迅速に再開できるよう政府としても準備を進めたい」と述べました。

具体的な再開時期については、感染状況や専門家の意見を踏まえた上で「地域の観光業を中心に事業への期待が大変大きいと認識している」と観光業へのプラスを強調しました。

岸田首相は加えて、先進7カ国(G7)が発表した対ロシア追加経済制裁についても触れ「エネルギーや金融などさまざまな課題が盛り込まれている。政府としてもG7と協調しながら具体的な行動を取っていきたい」として、G7との協調姿勢を見せました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる