世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界各国では入国制限などの規制が続けられ、航空会社は依然として大きな影響を受けています。

国際航空運送協会(IATA)は2月17日、国際線の航空券販売数について、1月25日時点の7日間平均で2019年同期比38%増、2月8日時点では49%増となったと発表しました。

2週間の間に11ポイント改善しており、コロナ禍以降最大の上昇率となったとしています。

またIATAによれば、世界の主要航空市場50か国のうち18か国が、ワクチン接種完了者に対し入国での出発前検査と隔離を免除しています。

さらにこの18か国を含む28か国が、隔離なしでの入国を認め、37か国が条件付きでワクチン接種完了者に国境を開放しているということです。

目次
【東アジア】12月のJAL/ANA国内線利用率は5割超
【東南アジア】各国で日本路線の開設や再開相次ぐ

【東アジア】12月のJAL/ANA国内線利用率は5割超

日本国内では、ANAとJALのいずれも、2021年12月の国内線利用率が5割を超えました。

日本国内

ANAは、2021年12月の利用率が国内線で57.6%、国際線で34.6%となりました。

国内線の3月の減便率は12%で、3月~6月の国際線の運航率は23~24%を予定しています。

また3月の帰国需要に合わせて欧米から関西と中部への臨時便を設定し、11日~26日の期間中に8路線10便を運航する予定です。

JALは、2021年12月の利用率が国内線が59.1%、国際線が34.2%、2022年1月の利用率は国内線が41.9%、国際線が28.7%となりました。

国内線の3月の減便率は24%で、国際線は3月27日から5月末の減便率は67~69%で推移します。

なおロシア情勢をめぐっては、ANAとJALは2月28日時点で、欧州路線は当面通常通り運航する予定ですが、安全に影響が及ぶ場合は飛行経路の変更や運休を検討するとしています。

またZIPAIR Tokyoは2月1日から、成田国際空港で同日乗り継ぐ場合に入国手続なしで乗り継ぎできる「ZIPAIR乗り継ぎサービス」を開始しました。

韓国

韓国政府は2月5日、エチオピア航空機の乗り入れ禁止を解除しました。

オミクロン株の国内への流入防止のため、アディスアベバ〜ソウル/仁川〜東京/成田線の乗り入れが禁止されていたものです。

日本とアフリカを結ぶ直行便は、現在エチオピア航空のみが運行しており、韓国への乗り入れ禁止期間中は東京/成田〜アディスアベバ線を直行便として運航していました。

台湾

台湾のスターラックス・エアラインズは2月17日、福岡/台北線に新規就航しました。

2月は木曜日の週1便、3月は火曜日と木曜日の週2便で運航します。

同社は2020年1月に運航を開始し、コロナ禍の2020年12月から成田線と関西線を開設しており、福岡線は日本3路線目となります。

【東南アジア】各国で日本路線の開設や再開相次ぐ

東南アジアでは、タイのベトジェットエアが福岡線を開設するほか、ベトナム航空も日本路線の再開や増便を開始しました。

タイ

タイ国際航空は、日本線の運航計画の夏スケジュールを発表しました。

東京/成田・大阪/関西〜バンコク線を1日1便、名古屋/中部〜バンコク線を週5便、あわせて週19便を運航する予定で、東京/羽田〜バンコク線は6月30日まで運休を決定しています。

またタイのベトジェットエアは、3月28日からバンコク~福岡線を週3便で開設する予定です。

ベトナム

ベトナム航空は2月9日、関西・名古屋発着のハノイ線を再開し、成田発着のハノイ便も増便運航を開始しました。

これにより同社の日本路線の定期便は、週7往復となりました。

またベトナム航空は、ベトナムと日本を結ぶ定期便の夏スケジュールの運航計画を発表しました。

東京/成田〜ハノイ線を週3便、大阪/関西〜ハノイ線を週2便、東京/成田〜ホーチミン線と名古屋/中部〜ハノイ線をそれぞれ週1便運航します。

シンガポール

シンガポール航空とスクートは、ワクチントラベルレーン対象便の運航について、25か国の47都市に拡大します。

またシンガポール航空は3月27日から、東京/成田〜ロサンゼルス線を現在の週4便から1日1便に増便します。

マレーシア

エアアジアXは2月14日から、クアラルンプール〜シドニー線の運航を週1便で再開します。

またエアアジア・グループは1月27日に、2021年の運航実績を発表し、旅客数が前年2020年の半分以下となる481万人になったと明らかにしました。

インドネシア

ガルーダ・インドネシア航空は2月3日、成田発デンパサール行きを運航しました。

成田発はバリ島で国際線旅客便の受け入れが再開された2021年10月以降、初めての到着便になりました。

日本発着の成田・関西発着デンパサール線は、コロナ禍の影響で運休していますが、成田/デンパサール線のみ2月に4日間の運航が計画されています。

フィリピン

フィリピン政府は2月10日から、ビザ免除国で新型コロナウイルスワクチン接種者を条件として、外国人渡航者の受け入れを再開しました。

主要産業である観光による経済の好転を期待し、同国と日本を結ぶ航空会社も、徐々に便数を増やす予定としています。