3月1日、ヤフー株式会社が提供している「Yahoo!カーナビ」が、首都高速道路の料金所5か所で開始された「ETC専用化」に対応しました。

ETC専用料金所を回避するルート設定が可能となり、ETC非搭載車にとって便利なナビゲーションを行うとともに、誤侵入を防ぎ安全安心なドライブをサポートするとしています。

Yahoo!カーナビ、首都高「ETC専用化」に対応 専用料金所の回避ルートを非ETC車へ提供
(画像=▲ヤフー株式会社プレスリリースより、『口コミラボ』より 引用)

目次
料金所の「ETC化」に"即"対応

料金所の「ETC化」に"即"対応

国土交通省および高速道路会社6社は、都市部は5年、地方部は10年程度での「ETC専用化」の概成を目指すとしています。そこでまずは、2022年4月1日までに首都高速道路29ヶ所とNEXCO東日本、中日本の計4ヶ所の料金所がETC専用になると発表されました。

一方で国内の自動車保有車両数は約8,000万台とされており、そのうちETC非搭載車数は数%と言われています。

そのため「Yahoo!カーナビ」では、ETC非搭載車をはじめとした全てのユーザー向けに、3月1日からETC専用となった5ヶ所の料金所に対応することを発表しました。

ユーザーが利用する際には、「Yahoo!カーナビ」の設定にて「スマートIC利用」と「ETC利用」をオフにすることで、当該料金所を回避できます。

また、同サービスはアプリ「Yahoo! MAP」のカーナビでも同様に利用できます。ヤフー株式会社は今後も、変化する道路情報に即座に対応し、ユーザーのドライブをサポートしていくとしています。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】