公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は2日、2025年に開催予定の大阪・関西万博の公式キャラクターの最終候補作品を3作品発表しました。

3作品は、2021年11月1日~同年12月1日の間に応募した作品、1,898作品から選出されています。

目次

  1. 大阪・関西万博とは
  2. 大阪・関西万博キャラクターデザイン最終候補作品

大阪・関西万博とは

大阪・関西万博は、2025年4月13日~10月13日の184日間に渡って大阪府の夢洲で開催予定の国際博覧会です。

人類共通の課題解決に向け「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとし、各国から集結した先端技術、各国の芸能、産業を紹介する展示などが大阪に集結します。

1970年の大阪万博では、日本を含む77か国と4国際機関が参加し、総来場者数は約6,421万人にのぼり、経済効果は約5兆円規模となりました。

この万博で携帯電話が急速に普及したように、世界各国の最新技術が出展されることで、技術の発展とそれに伴うさらなる生活環境の向上が見込まれています。

また、2005年の愛知万博では国内の万博史上最多の121か国と4国際機関が参加し、総来場者数は2,204万9,544人にのぼり、経済効果は約3兆円となりました。

国内での大規模な国際博覧会は、大阪万博(1970年)、愛知万博(2005年)に続き3回目の開催となります。

来場者数は約2,820万人が想定されており、約2兆円の経済効果が期待されています。

大阪・関西万博キャラクターデザイン最終候補作品

昨年11月1日~12月1日までの一般公募では1,898作品がエントリーしました。

事務局での形式要件確認、知的財産関連調査やキャラクターデザイン選考委員会を経て、以下の3作品が最終候補に選出されました。

2025年大阪・関西万博、公式キャラクター最終候補3作品公開
▲大阪・関西万博キャラクターデザイン最終候補作品:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会プレスリリース(画像=『訪日ラボ』より 引用)

なお、最終候補作品に対する意見募集は2022年3月2日14時~同年3月10日17時まで受け付けています。

意見募集を行った後、寄せられた意見を参考にしつつ最終選考会を実施し、最優秀作品が選出される予定です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる