1月31日から2月6日までの中国の春節(旧正月)に伴う大型連休の間、海南(ハイナン)の免税店の売上高は前年同期比150%以上増加し、21億元(約378億円)に達したと判明しました。

目次
爆買い客の波が押し寄せる海南島 観光の大きな特徴に
国内旅客向け離島免税額、10万元(約150万円)

爆買い客の波が押し寄せる海南島 観光の大きな特徴に

海南省は独自の観光資源と温暖で快適な気候により、中国内外の観光客に広く人気があり、中国のハワイとも称されています。

経済日報によると、今年の春節、連休期間に受け入れた観光客数は累計541万1,300人に上り、観光収入は75億3,000万元(約1,355億4,000万円)に達しました。

連休中、海南省の免税店はどこも大勢の人々が見受けられ、非常に盛況だったようです。

国内旅客向け離島免税額、10万元(約150万円)

日本貿易振興機構(JETRO)によると、海南島の消費財市場を育てるために、自由貿易港としての政策が進められています。

また、海南島居住者は免税商品の購入が可能となるほか、非居住者(海南島への旅行者)は海南島で年間上限額10万元(約150万円)以内の免税商品の購入が可能となります。

そのため、海南離島の免税店が強い誘致力を発揮し、連休期間の海南観光の大きな特徴になりました。

また、海南の消費市場に活力を与えました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる