韓国観光公社が2月15日に発表した統計によると、2021年に韓国を訪れた外国人観光客は、前年の12.8%の水準で、コロナ禍前の2019年の1.5%にとどまりました。

国籍別では米国が最も多く、コロナ禍前には中国に次いで多かった日本は、わずか1,047人でした。

目次

  1. 韓国、2021年の外国人観光客は21万人 コロナ禍前の1.5%水準

韓国、2021年の外国人観光客は21万人 コロナ禍前の1.5%水準

2月15日の韓国観光公社による発表では、2021年に韓国を訪れた外国人は96万7,000人でした。

このうち観光目的の訪問は21万2,000人で、全体の21.9%となりました。

その他の内訳は事業目的(商用)が2万1,000人、公務目的(公用)が1万9,000人、留学研修が8万人、航空機・船舶乗務員などを含むその他63万5,000人となっています。

なかでも乗務員は約43万4,000人で、外国人観光客の2倍以上となっています。

2021年に韓国を訪れた外国人観光客は、前年の12.8%の水準で、コロナ禍前の2019年のわずか1.5%にとどまりました。

国籍別では米国が最も多い7万人で、フィリピンが3万3,000人、インドネシアが1万6,000人、中国とミャンマーがそれぞれ1万5,000人と続きました。

日本はコロナ禍以前では中国に次いで多かったものの、1,047人にとどまり、台湾は636人だけでした。

コロナ禍以降、中国では韓国団体旅行商品の販売が禁止され、日本は観光客に対する入出国制限措置を続けています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる