2月10日、株式会社コミクスはBtoC経営者を対象に実施した「マーケティングの新規手法」に関する調査結果を発表しました。

目次

  1. 63.4%の経営者が新規マーケティングにチャレンジしたいと回答
  2. 新規マーケティングの外部依頼を検討しているのは80.0%

63.4%の経営者が新規マーケティングにチャレンジしたいと回答

経営者の63.4%が「新しいマーケティングにチャレンジしたい」8割は外部マーケターへの依頼を検討
(画像=▲ 2022年に入り、新しいマーケティング手法にチャレンジしたいと思いますか、『口コミラボ』より引用)

同調査は、BtoC経営者、役員101名を対象に実施されました。

まず「2022年に入り、新しいマーケティング手法にチャレンジしたいと思いますか」と質問したところ、「非常に思う」「やや思う」と回答した人は合計で63.4%に上りました。

経営者の63.4%が「新しいマーケティングにチャレンジしたい」8割は外部マーケターへの依頼を検討
(画像=▲ どのようなマーケティング手法にチャレンジしたいと思いますか、『口コミラボ』より引用)

続いて、前出の質問にて「非常に思う」「やや思う」と回答した人に「どのようなマーケティング手法にチャレンジしたいと思いますか」と質問しました。

すると65.6%の人が「SNS」と回答し、次いで「動画」(50.0%)、「インターネット広告」(48.4%)、「コンテンツマーケティング」(28.1%)といった回答が上位を占めました。

新規マーケティングの外部依頼を検討しているのは80.0%

経営者の63.4%が「新しいマーケティングにチャレンジしたい」8割は外部マーケターへの依頼を検討
(画像=▲ 新しいマーケティング手法へのチャレンジについて、自社のリソースのみで十分に実現可能だと思いますか、『口コミラボ』より引用)

半数以上の経営者が新しいマーケティング手法を検討している一方で、「新しいマーケティング手法へのチャレンジについて、自社のリソースのみで十分に実現可能だと思いますか」と質問したところ、「あまり可能ではない」「不可能」と答えた人は合計で46.9%に上っています。

経営者の63.4%が「新しいマーケティングにチャレンジしたい」8割は外部マーケターへの依頼を検討
(画像=▲外部のマーケターに自社のマーケティングを依頼したいと思いますか、『口コミラボ』より引用)

また、同調査では「あまり可能ではない」「不可能」と回答した人に「外部のマーケターに自社のマーケティングを依頼したいと思いますか」と質問しています。

すると「非常に思う」(13.3%)、「やや思う」(66.7%)が合計で80.0%に上る結果になりました。

経営者の63.4%が「新しいマーケティングにチャレンジしたい」8割は外部マーケターへの依頼を検討
(画像=『口コミラボ』より引用)

理由としては「自社にノウハウがないため」(75.0%)、「自社リソースだけではトレンドを追いかけられないため」(41.7%)、「推進者が欲しいため」(37.5%)といった回答が集まっています。

自社マーケティングについては、外部マーケターの活用か、自社リソースの活用に二分化する結果となりました。

しかし、外部の即戦力となるマーケターに協力を仰ぐことが、最大限のパフォーマンスを発揮する手段と考えている経営者が多い傾向にあるようです。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】