三越伊勢丹ホールディングス、エイチ・ツー・オーリテイリング、J.フロントリテイリング、そごう・西武、高島屋の5社による1月の売上速報が2月1日に出揃いました。

1月の売上高は、5社揃って増加傾向となっています。

三越伊勢丹ホールディングス

三越伊勢丹ホールディングスの売上速報によると、伊勢丹新宿本店の店頭では同月比31.7%増、三越日本橋本店の店頭では40.5%増という結果が発表されています。

三越伊勢丹ホールディングスは新型コロナウイルスの感染拡大により、1月以降は売上、客数ともに減少傾向にあったとしています。

その一方で、来店客の目的購入傾向が強かったため、客単価や売上が上昇傾向にあると推測しています。

また、積極的に話題性、独自性のある催事を開催したことで新規顧客の購買にもつながったようです。

エイチ・ツー・オーリテイリング

エイチ・ツー・オーリテイリングが発表した売上速報によると、全店合計の前年比売上高は15.9%増となったようです。阪急本店では21.9%増、阪急梅田本店では23.7%増です。

同社によると、「まん延防止等重点措置」の適用により、適用前から客数は減少傾向だったものの、前年から続くコロナ禍の反動もあり、売上高は上昇したようです。

売上高は3ヶ月連続で2桁増となり、前年実績を上回っています。