東京都は2月3日、緊急事態宣言を政府に要請する新たな基準を設定したと発表しました。

基準を従来の「病床使用率」ではなく、「重傷者の状況と7日間平均の新規感染者数」に切り替えました。

感染力が高い一方、重症化リスクが低いと言われるオミクロン株に対応した形です。

目次

  1. 緊急事態要請の新基準 「重傷者の状況と7日間平均の新規感染者数」
    1. 新基準に対する現状は?
  2. コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

緊急事態要請の新基準 「重傷者の状況と7日間平均の新規感染者数」

東京都は、緊急事態宣言を要請する基準を変更しました。

感染力が高く、重症化リスクが低いオミクロン株の流行に対応するための基準見直しです。具体的には、従来の「病床全体の使用率50%」から

「新指標の重症病床使用率」または「酸素投与が必要な入院患者の比率」のどちらかが30~40%

  1. 7日間平均の新規感染者数が2万4000人
  2. という2つの条件をともに満たす場合に変更しました。

条件にもある通り、東京都は重症病床使用率の基準も改めました。肺炎症状が重度な患者に加え、肺炎は軽度な患者でも人工呼吸器やエクモ使用者とICUの患者は重傷者とします。

これは国が定める基準とは異なるものです。さまざまな指標で状況を分析できる一方で、複数の定義があることで現場が混乱するリスクもあります。

新基準に対する現状は?

新基準に対する現状としては、1と2の条件も要請する基準には達していません。

新指標の重傷病床使用率は15.1%で、酸素投与が必要な患者数は8%です。また7日間平均の新規感染者数は約1万6500人です。(ともに2月2日時点)

このように新基準に照らせば、現時点では緊急事態宣言の要請は行われません。

以前の「病床全体の使用率50%」の基準では、先月31日時点で、病床使用率49.2%と宣言要請の基準に迫っていました。

オミクロン株の特性に合わせた基準の改定は一定の評価を与えられます。緊急事態宣言が発令されるかどうかは、飲食店をはじめとした事業者によって死活問題です。発令には状況の正確な分析と、発令による影響を踏まえた補償が求められます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

東京都、緊急事態宣言の基準見直し/宣言要請は当面回避か
(画像=『口コミラボ』より 引用)

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】