コロナ禍が長期化する中、日本は対外的に厳しい水際対策を敷いている一方、世界では入国制限の緩和や観光客受け入れを再開を発表する国が次々と現れています。

ヨーロッパ、アジア、オセアニア地域のそれぞれの動向を紹介し、加速しつつある入国制限緩和の動きに注目します。

目次
「開国」進める海外、国内規制も緩和へ
ヨーロッパ

「開国」進める海外、国内規制も緩和へ

イギリスやフランスなどに代表されるように、新型コロナウイルス感染症に関連する国内規制の緩和や撤廃に向けた動きが各国で加速しています。

同時に海外からの観光目的での渡航者を受け入れる波も世界各地で強まっています。今日、海外観光客の受け入れ再開を進めている国や地域を紹介します。

ヨーロッパ

ヨーロッパについては、欧州連合(EU)がワクチン接種済みの域内旅行者に対して入国時の検疫を撤廃することを勧告し、移動制限を大幅に緩和しました。地域各国も厳しい制限からの脱却を表明しています。

イギリス ワクチン接種済みなら全ての制限を撤廃へ

イギリスは2月11日からワクチン接種完了者に対して一切の制限を適用しないことを明らかにしています。

これまで求められていたイギリス到着時の検査の陰性証明、到着後のPCR検査受検、自己隔離などをすべて不要とするいうことです。

同国のグラント・シャップス運輸省は、制限緩和の発表時に、「この変更によってイギリスは世界で最もオープンな旅行業界のひとつになる」とコメントしています。

ノルウェー ワクチン接種の有無に関わらず、渡航者の隔離義務を撤廃

ノルウェーもまた、旅行検疫を撤廃しました。

ノルウェーは渡航者がワクチン接種を完了させていない場合には入国時の隔離や検査受検を義務付けていました。

しかし、ワクチン未接種者が新型コロウイルスに感染する割合が低いとの調査を受け、1月26日からはワクチン接種状況にかかわらず全ての人に隔離義務を課さないこととしました。

デンマーク すべての旅行制限と国内規制を撤廃

デンマークも同様で、政府が新型コロナウイルス感染症を「社会的に重大な疾患」と見なさないとしたことから、2月1日よりすべての旅行制限と国内規制を撤廃しました。

同国については、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となった場合も、自己隔離が求められることは無いということです。