中国政府は1月20日、中期的な観光業の発展計画を発表しました。

計画の中で、新型コロナウイルスの抑制を前提として、旅行目的の出入国を段階的に開放していく方針を明らかにしました。

目次
中国、旅行目的の出入国「コロナ抑制前提に段階的に開放」

中国、旅行目的の出入国「コロナ抑制前提に段階的に開放」

中国政府は1月20日、中期的な観光業の発展計画について発表しました。

計画では、新型コロナウイルス感染拡大の鎮静化を前提として「段階的に海外観光客の国内旅行を促し、着実に海外旅行を増やす」とされました。

国境をまたぐ旅行に伴う文化交流などにより、中国のイメージ向上につなげるとしており、厳格な出入国規制を緩めるタイミングを見極める姿勢を示しました。

中国では新型コロナウイルス感染拡大以降、厳格な出入国管理が行われ、現在は旅行目的での出入国は事実上不可能となっています。

外国企業の駐在員らの入国の場合でも、北京が最終目的地ならば原則3週間の隔離が義務付けられています。

計画では、旅行目的の出入国を開放しても、入国者に対する新型コロナウイルス対策は徹底する方針で、明確な開放の時期や、国境をまたぐ観光がコロナ禍以前の水準に戻る時期も不透明です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる