北海道エアポートは1月21日、新千歳空港の航空概況を発表しました。

年間旅客数は前年の11%減となり、2年連続で1千万人を割り込みました。

目次

  1. 新千歳空港、21年の旅客が11%減 2年連続で1千万人割れ

新千歳空港、21年の旅客が11%減 2年連続で1千万人割れ

北海道エアポートが1月21日に発表した新千歳空港の航空概況によると、2021年の年間旅客数は前年比11.4減の823万4,159人となりました。

これはコロナ禍以前の2019年の2,459万4,904人と比較すると3分の1の水準となっています。

国内線の旅客数は5.0%減で、特に政府の緊急事態宣言の影響などで2月は最も少なく、75.2%減の36万1,461人にまで落ち込みました。

路線別では羽田が6.6%減の393万9,495人、羽田が0.6%増の79万8,340人で、国内線と国際線を合わせた貨物取扱量は、0.8%減の12万969トンでした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により2020年3月から国際定期旅客便の発着がなく、国際線の年間旅客数は1988年の開港以来初のゼロとなりました。

年間旅客数が1千万人を割るのは2年連続で、過去最低だった2020年をも下回りました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる