「JRE CARD」は、JR東日本の共通ポイント「JRE POINT」が貯まるカードだ。還元率が最大3.5%にもなるお得なカードだが、同じポイントが貯まる「ビュー・スイカカード」とはどう違うのだろうか?実は即日発行もできるこのクレジットカードの特徴を徹底解説していく。

目次
1,「JRE CARD」の3つのポイント
2,「JRE CARD」の基本スペックと審査基準
3,「JRE CARD」のポイントサービス、還元率
4,「JRE CARD」の5つのメリット
5,「ビュー・スイカカード」との違い・比較
6,「JRE CARD」の3つのデメリット
7,「JRE CARD」はどんな人におすすめ?

1,「JRE CARD」の3つのポイント

ビューカードが発行する「JRE CARD」のポイントは、以下の3つだ。

  • 駅ビルなどの利用でポイント還元率3.5%と超高還元率に
  • Suicaオートチャージ分も1.5%のポイント還元の対象
  • Suicaへのチャージ→Suica支払いでポイント2重取りができる

    還元率がアップする条件や優待の内容も含めて、「JRE CARD」の詳細を紹介していこう。

2,「JRE CARD」の基本スペックと審査基準

まず押さえておきたいのが、「JRE CARD」の基本スペックと審査基準だ。

「JRE CARD」の基本スペック――Suica機能・定期券機能も付けられる

国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
年会費 524円(税込)※初年度無料
ポイントサービス JRE POINT
通常ポイント還元率 0.5%
ポイント交換対象 びゅう商品券
美味しいお米カード
駅レンタカー利用券 など
空港ラウンジサービス なし
付帯保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)
国内旅行傷害保険(利用付帯)
追加カード ETCカード

「JRE CARD」には、

①Suica機能付きのもの
②Suica機能と定期券機能付きのもの
③Suica機能も定期券機能も付いていないもの

がある。いずれもそれ以外のカードスペックは同じだが、国際ブランドについては、①はVISA、Mastercard、JCBの3つから、②と③はVISAのみ、選ぶことができる。
 

「JRE CARD」の審査基準 ――年収は300万円以上が目安?

審査基準そのものではないが、「JRE CARD」の公式サイトには入会条件として「日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方」と書かれている。収入の有無については書かれていないため、専業主婦や大学生などでも世帯収入があれば、審査に通る可能性があると考えられる。

ただし、年会費の手頃なクレジットカードとしては審査が比較的厳しく、ネットの口コミ情報では300万円以上の年収がないと審査に通りにくいと言われている。

「JRE CARD」の年会費を下げる方法――スポーツジム併用で無料に

初年度は年会費が無料となるほか、「ジェクサー・フィットネスクラブ」などの月会費を年間(カード記載の有効期限月の翌月から12ヵ月間)1回以上カードで支払うと、次年度の年会費が無料になる。
 

3,「JRE CARD」のポイントサービス・還元率 Suicaオートチャージ分もポイント還元の対象

「JRE CARD」は人気の理由の1つに、還元率を含めたポイントサービスのお得さが挙げられる。どんなポイントサービスなのだろうか。

貯まるポイントと還元率――通常0.5%で有効期限は実質無制限

貯まるポイントは「JRE POINT」で、クレジット支払い1,000円(税込)につき5ポイント(約5円相当)が貯まる。通常のポイント還元率は、約5%と考えていいだろう。

ポイントの有効期限は、最後に使ったり貯めたりした日から2年後の月末まで自動的に延長されるため、カードを普通に使っていれば、「事実上有効期限なし」ということになる。

ポイントの交換対象――1ポイント→1円でSuicaにチャージできる

「JRE POINT」は1ポイント→1円としてSuicaにチャージしたり、駅ビルなどのJRE POINT加盟店やショッピングサイト「JRE MALL」の支払いに充てたりできる。また、JR東日本グループの商品券やクーポンなどにも交換できる。
 

交換対象 交換対象の単位 必要ポイント数
Suicaグリーン券 1枚 600P
VIEWカード・グリーン車利用券
(新幹線・特急列車用)
1枚 2,000P
ルミネ商品券 4,000円分 3,600P
びゅう商品券 1,000円分 1,420P
駅レンタカー 3,000円利用券 2,550P
東京ステーションホテル利用券 5,000円相当 4,700P
ホテルニューグランド利用券 3,000円相当 2,550P
メトロポリタンホテルズ共通利用券 2,000円相当 1,750P
エアポートバス東京・成田利用券 2枚セット 2,050P
ジェクサー1日利用券 3,000円相当 2,100P
美味しいお米カード 550円相当 750P
ハーゲンダッツギフト券 2個分 850P
ベックスコーヒーショップ
ドリンク回数券
1つづり 1,150P
鉄道博物館入館引換券 1枚 1,330P
東北応援うめぇどカード 5,000円相当 4,750P
お取り寄せグルメカード 5,250円相当 5,000P

ポイントアップの方法は10種類――ビューカードにはない加盟店・優待店のサービスも

「JRE CARD」には、以下のポイントアップサービスが用意されている。

・サービス1,JRE CARD加盟店で1.5%、JRE CARD優待店で3.5%に
JRE CARD加盟店でのクレジット払いで還元率が1.5%に、JRE CARD優待店では3.5%にポイントアップされるというのが「JRE CARD」の最大の特徴だ。これはビューカードにはない、このカード独自の仕組みだ。

JRE CARD優待店は、JR東日本管内の駅ビルのアトレ、アトレヴィ、ペリエ、nonowa、ビーンズ、ラスカ、VAL、エスパル、MIDORI、CoCoLo、ピボットなど。また、このカード独自のボーナスポイントとして、対象店舗(アトレ・アトレヴィ各店、プレイアトレ土浦)での年間クレジット支払額が5万円(税込)以上になると、500ポイントがプレゼントされる。ただし、このポイントは有効期限が固定された期間限定ポイントだ。

そのほか、ビューカードが発行するカードに共通する、以下のポイントアップサービスも適用される。

・サービス2,JR東日本の利用分がポイント3倍
Suicaへのオートチャージや定期券購入など、JR東日本の利用でポイントが3倍(税込1,000円につき15ポイント付与、ポイント還元率1.5%)になる。対象商品は以下のとおり。

ポイント3倍対象商品

乗車券、定期券、回数券、特急券、特別企画乗車券
※JR東日本「みどりの窓口」「びゅうプラザ」「券売機」で購入した場合のみ対象
びゅうトラベルの旅行商品(一部対象外商品あり)
Suica定期券、Suicaカード
カードでのSuica入金(チャージ・オートチャージ)
モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション

・サービス3,Suica利用ポイントアップ
「Suica登録して貯まる」というステッカーの店舗でSuica支払いを行うと、100円(税込)または200円(税込)につき1ポイントが付与される。

「JRE CARD」でSuicaにチャージし、そのSuicaで支払うとポイントを2重取りでき、最大で2.5%のポイント還元率(Suicaへのチャージで1.5%還元+Suica利用ポイントで最大1%還元)となる。

対象店舗はJR東日本の駅ナカにある店舗・自販機のほか、イトーヨーカドー、デニーズ、紀伊國屋書店、ホテルニューグランド、ANA国内線の機内販売、駐車場のタイムズ、ヤマト運輸などだ。
 

・サービス4,Suica乗車ポイントを還元
JR東日本の在来線にSuicaで乗車した場合、

  • モバイルSuicaで50円ごとに1ポイント(ポイント還元率2%)
  • カードタイプのSuicaで200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)

    が付与される。Suicaチャージ時のポイント(ポイント還元率1.5%)と合わせると、前者は3.5%、後者は2%の超高還元率となる。

・サービス5,JRE POINT加盟店での提示で100円につき1ポイント
駅構内や駅ビル内にある「JRE POINT加盟店」でカードを提示すると、100円(税別)につき1ポイントが付与され、クレジット払いの場合は合計で1.5%のポイント還元率となる。

・サービス6,特約店でポイント2倍
ENEOSサービスステーション、ENEOSでんき、ENEOS都市ガス、東日本エリアの駅レンタカーは特約店となっており、クレジット払い分はポイントが2倍(1,000円につき10ポイント付与)になる。

・サービス7,Web明細申し込みで毎月50ポイント
スマホ・パソコンで明細を確認する「Web明細ポイントサービス」に申し込むと、毎月50ポイントが付与される。年間で最大600ポイントだ。

・サービス8,「VIEW ショッピング ステーション」経由でポイントアップ
ポイントサイト「VIEW ショッピング ステーション」を経由したオンラインショッピングでは、最大37倍のポイントが付与される。登録ショップは楽天市場、Yahoo!ショッピング、ディノスオンラインショップ、びゅう国内ツアー、じゃらん、JTB、一休.comなど。普段利用するネットショップでも、ここを経由することで大幅なポイントアップが狙える。

・サービス9,ネットショッピングモール「JRE MALL」
ネットショッピングモール「JRE MALL」では、通常はショッピング100円(税別)につき1ポイントが付与されるが、このカードで決済すると3倍の3ポイントが付与される。

・サービス10,「えきねっとポイント」をJREポイントに交換できる
オンラインで全国の新幹線・JR特急列車指定席の申し込みや、JR東日本国内ツアー商品の購入などができるサービス「えきねっと」。そこで付与される「えきねっとポイント」は、「JRE POINT」に交換できる。単位・レートは、「えきねっとポイント」2ポイント→「JRE POINT」5ポイントだ。

付与される「えきねっとポイント」は、10ポイント~最大60ポイント。たとえば、JR東日本・JR北海道エリアで「新幹線eチケット指定券席」を申し込んだ上でIC乗車すると、60ポイントが付与される。

通常の還元率は0.5%だが、10種類ものポイント還元率アップの仕組みが用意されているので、JR東日本利用者であれば2.5%や3.5%といった超高還元クレジットカードとして利用できるだろう。

>>「JRE CARD」の詳細を見る(公式サイトへ)

4,「JRE CARD」の4つのメリット Suicaオートチャージ、JR優待、自動付帯の旅行保険

ここまで、「JRE CARD」のポイント還元率をアップする仕組みを解説してきた。使い方によってはかなりお得なクレジットカードだが、ポイント還元率以外のメリットもある。

メリット1,Suicaオートチャージができる

Suicaオートチャージとは、Suicaで改札を通過するときにチャージ残高が一定金額を下回っていた場合、事前に設定した額が自動的にクレジットカード決済でチャージされる仕組みのこと。オートチャージされる改札には、首都圏や仙台・新潟エリアのSuica対応エリアだけでなく、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアのものも含まれる。

オートチャージができるのはビューカード発行のカードに限られ(法人カードを除く)、「JRE CARD」もそれに含まれる。普段の電車移動の際のストレスを軽減してくれるはずだ。

メリット2,JR東日本グループを中心に各種優待が提供される

「JRE CARD」ではビューカード共通のサービスとして、JR東日本グループのホテル・レンタカー・レジャー施設・バスなどで各種優待も提供される。その一部を紹介しよう。
 

店舗名・優待名 優待内容
JRホテルグループ各ホテル 宿泊10%オフ
東急ホテルズ各ホテル
ブリーズベイホテルグループ
JR東日本ホテルズ各ホテル 年間利用額10万円(税込)ごとに
5,000円分のホテル利用券をプレゼント
宿泊最大20%オフ
直営レストラン・バーで最大10%オフ
レイトチェックアウト無料(12時まで)
ホテルメトロポリタン
ウエディング
チャペル挙式費用(通常35万円)が半額
入刀用ウェディングケーキプレゼント
目黒雅叙園 園内4店舗のレストランで平日15%オフ・
土日祝10%オフ
駅レンタカー 料金10%オフ
ジェイアールバス関東 東京駅~名古屋駅間の夜行バス
当日片道10%オフ
ジェクサー・フィットネスクラブ 入会金・利用開始月会費・翌月会費が無料
GALA湯沢スキー場 場内1日リフト券20%オフ
場内2日リフト券10%オフ
場内ショッピング10%オフ
アート引越センター 引越基本料金20%オフ
ダンボール最大50枚サービス
カラオケ ビックエコー ルーム料金30%オフ、
または飲み放題プラン10%オフ
JOYSOUND直営店 ルーム料金30%オフ、
フリータイム・パーティーコース・
ドリンクバー込み料金は10%オフ
ビューカード優待
ステッカーのある
DKダイニング店舗
10%オフ(ランチは50円引き)

メリット3,海外最高500万円・国内最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯

「JRE CARD」には、海外最高500万円、国内最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯する。国内は旅行代金のカード決済が条件となる「利用付帯」だが、海外はカード決済の有無にかかわらず保険が付帯する「自動付帯」だ。

海外旅行傷害保険の補償金額には物足りない印象があるが、他のクレジットカードに自動付帯する海外旅行傷害保険の補償金額に、このカードの補償額を上乗せすれば事足りるだろう。

補償内容の詳細は、以下のとおりだ。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

保険項目 補償金額
傷害死亡 500万円
傷害後遺障害 程度により20万~500万円
傷害治療費用 1傷害50万円限度
疾病治療費用 1疾病50万円限度

国内旅行傷害保険(利用付帯)

保険項目 補償金額
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障害 程度により40万~1,000万円
傷害入院(※) 日額3,000円
傷害手術(※) 入院日額×10倍(入院中の手術)、
または入院日額×5倍(入院中以外の手術)
傷害通院(※) 日額2,000円
(※)事故発生から7日目以降の時点で入院・通院している場合、1日目から補償

メリット4,いざという時の補償がSuicaチャージ分にも適用される

カードの紛失・盗難にともなう不正利用分については、基本的に補償される。これはどのクレジットカードにもある補償だが、「JRE CARD」ではカードのSuicaチャージ残額も補償対象となる。定期券付きのカードを選択した場合は、定期券部分についても補償される。

メリット5,最短で即日発行されるので気軽に作れる 

対応店舗は少ないが、「JRE CARD」は最短で即日発行される。本人確認書類と金融機関のキャッシュカードを持参して店頭で申し込むと、約30分の審査の後、Suica機能なしの仮カードが発行される。Suica機能付きの本カードは、約2週間後に発送される。
 

「JRE CARD」の種類 即日発行可能店舗
Suica定期券付き アトレ恵比寿
Suica付き エクセル(水戸)
エスパル(仙台・福島・郡山・山形)
Suica・定期券なし フェザン(盛岡)
ペリエ(千葉・稲毛)

上記のように、カードの種類によって申し込み可能店舗が異なる。

5,「ビュー・スイカカード」との違いは?駅ビル利用は「JRE CARD」の方がお得

JR東日本の利用では、「ビュー・スイカカード」もお得なクレジットカードとして人気だ「JRE CARD」は、ビューカードが発行する「ビュー・スイカカード」と何が違うのだろうか。
 

JRE CARD ビュー・スイカカード
年会費 524円(税込)
※初年度年会費無料
524円(税込)
家族会員 524円(税込)
駅ビル等での利用
ポイント還元率
最大3.5%還元 最大1.5%還元
ボーナスポイント アトレ年間利用額に
応じて最大500P
カード年間利用額に
応じて合計最大5,250P
海外旅行傷害保険 最高500万円
(賠償責任・
携行品損害・
救援者費用の付帯なし)
最高500万円
(賠償責任・
携行品損害・
救援者費用の付帯なし)
国内旅行傷害保険 最高1,000万円 最高1,000万円

年会費、通常のポイント還元率、優待サービス、付帯保険などはほとんど同じだが、駅ビルなどでの利用では「JRE CARD」のほうがお得になるケースが多い。また、年会費が初年度無料であることも「ビュー・スイカカード」にはないメリットだ。

一方、「ビュー・スイカカード」では年間のカード利用額に応じて最大で5,250ポイントが付与されるのに対し、「JRE CARD」ではアトレなどでの年間利用金額に応じて最大500ポイントが付与される点が大きな違いだ。つまりカードの年間利用額が多い場合は、「ビュー・スイカカード」のほうがより多くのボーナスポイントを得られることになる。

また「ビュー・スイカカード」は家族カードがあるが、「JRE CARD」にはないことも相違点の1つだ。

>>「JRE CARD」の詳細を見る(公式サイトへ)

6,「JRE CARD」の3つのデメリット 

「JRE CARD」のデメリットを挙げるとすれば、以下の3点になるだろう。

デメリット1,利用可能枠の上限が高くない

利用可能枠は10万~80万円で、上限が比較的低く設定されている。しかも、新幹線や特急列車の回数券、Suicaへのチャージなどについては、その中でさらに制限された利用枠が設けられている。

新幹線などを頻繁に利用する人にとっては、不便に感じることもあるだろう。また、これから新しく発行されるカードには、キャッシング機能が付いていないことにも注意したい

デメリット2,家族カードがない

前述のとおり、「JRE CARD」には家族カードがない。そのため、このカードを家族も使いたい場合は、個別に取得する必要があり、手間がかかってしまう。

デメリット3,ETCカードは有料

ETCカードの年会費は、「JRE CARD」の年会費と同じ524円(税込)だ。クレジットカードの年会費とETCカードの年会費がどちらも無料という他社カードがあることを考えると、これはデメリットと言っていいだろう。
 

7,「JRE CARD」はどんな人におすすめなのか?

普段JR東日本をよく利用する人で駅ビルの利用も多い人は、「JRE CARD」を持つことで3.5%という超高還元の恩恵を受ける機会が多いだろう。

また、Suicaによる乗車や店舗利用でポイントを2重取りできるのもうれしい。駅ビルでの買い物が多い人やJR東日本を使う人は、一度は検討してほしいカードだ。

>>「JRE CARD」の詳細を見る(公式サイトへ)
 
執筆・モリソウイチロウ

「ZUU online」をはじめ、さまざまな金融・経済専門サイトに寄稿。特にクレジットカード分野では専門サイトでの執筆経験もあり。雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、企業広報サイトなどに編集・ライターとして関わってきた経験を持つ。  

【関連記事】
ポイントがよく貯まるクレジットカード5選 効率的な貯め方も紹介
最大還元率2.2%「リクルートカード」の特徴を解説
ポイント還元率の高いSuica付帯のクレジットカード8選
ポイント還元率の高いクレジットカード
クレジットカード「VISA」はどんなブランドなのか?