丸井グループの株式会社エムアンドシーシステムは、1月21日にアイエント株式会社との共創を通じて、伝票レスシステム「POPPO」にカスタマイズを加えたシステムをマルイ店舗に導入していくことを発表しました。

伝票レスシステム「POPPO」とは

「POPPO」とは、紙よりも効率的に伝票管理ができるアプリケーションです。

商品を販売している店舗では、取り置き、取り寄せ、修理などの業務が発生します。その際、異なる種類の伝票が発生しますが、「POPPO」を導入することで伝票の並び替えや一括管理が可能となります。

年間2,500時間の短縮、10万枚の伝票発行を削減

現在マルイでは、商品の取り置き、取り寄せ、修理には、紙の伝票を使用しています。

しかし個人情報保護のための保管、削除には多大な時間と労力がかかっていました。さらに年間の紙の伝票使用枚数は10万枚に登っており、環境負荷も課題でした。

マルイ、ペーパーレス伝票システム「POPPO」導入で店舗DX 年間2,500時間の短縮、10万枚の伝票発行を削減
(画像=POPPOの導入前後の変化:プレスリリースより、『口コミラボ』より 引用)

そこでマルイでは、伝票をアプリケーションで管理できる「POPPO」を順次導入することを発表しました。紙の伝票を廃止することにより、伝票管理業務が自動化され、年間約2,500時間の作業時間短縮が見込まれています。

ユーザーとしては今まで紙で受け取っていた控え伝票をSMSで受け取れるようになり、伝票管理を行う必要が無くなります。さらにユーザーとの連絡状況などが一元管理できるため、商品の受け渡しもスムーズになるということです。