アンカレッジのテッド・スティーブンス国際空港を拠点とする、アメリカの新規航空会社「ノーザンパシフィック航空」は、2022年8月頃に日本路線を開始したい考えを明らかにしました。

目次

  1. 米新規航空会社・ノーザンパシフィック航空、8月頃に日本路線目指す

米新規航空会社・ノーザンパシフィック航空、8月頃に日本路線目指す

ノーザンパシフィック航空は、アメリカの新しい航空会社で、アンカレッジのテッド・スティーブンス国際空港を拠点としています。

同社の計画では、アメリカ国内の就航地としてロサンゼルスのほかサンフランシスコやニューヨーク、ラスベガスなどを予定しています。

アジアの就航予定地は日本の名古屋と大阪、東京のほか、韓国のソウルを計画しています。

アジアでは新型コロナウイルス感染拡大の影響により、いまだ厳しい渡航制限が続いていますが、同社のロブ・マッキニー最高経営責任者(CEO)は、運航開始頃には感染拡大のピークを過ぎ制限が撤廃されているだろうとの楽観的な見方を示しています。

運航開始日については具体的な日程は決まっていないものの、同社は2022年8月頃に商業飛行を開始したい考えで、アメリカン航空が所有していたボーイング757を6機購入するなど準備を進めています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる