市川市動植物園へのアクセスや料金
市川市動植物園の見どころを紹介

市川市動植物園へのアクセスや料金

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

市川市動植物園へのアクセスは、大慶園へのアクセスとほぼ変わりません。

高速道路を使って行く場合は、京葉道路の市川ICで高速道路を下り、国道14号方面へ進みそのまま道なりに進みましょう。

市川市動植物園の看板は所々に出ているので、特に迷うことなくつけると思います。

駐車場は240台の収容スペースがありますが、週末は混み合うので早めに行きましょう。

また、大慶園は駐車場が無料でしたが、市川市動植物園の駐車場は有料となり、普通車の場合1日500円かかります。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

電車で行く場合も、大慶園への行き方とほとんど変わりません。

JR総武線の本八幡駅からバスに乗るか、JR市川大野駅からバスに乗りましょう。

どちらの駅からも市川動植物園が終点となる動植物園行きが出ているので、そちらに乗車し終点で下車しましょう。

また、動植物園いきのバスは北総鉄道の「松飛台駅」からも出ていますので、松飛台駅からも行くことができます。

大慶園で遊んだ後に行く場合、大慶園の出口を右に出て5分ほど歩けば市川市動植物園に到着します。

市川市動植物園は、市営で料金も安くてお得です。

大人の入場料が440円、小人はなんと110円しかかかりません。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

お得な年間パスポートも販売しており、年間パスポートは大人が1,260円、小人が310円と3回行けばもとが取れるので、何回も行く場合は年間パスポートを購入するようにしましょう。

市川市動植物園の見どころを紹介

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

市川市動植物園では、ほかの動物園ではなかなか見ることができない生き物を展示していたり、子供が喜ぶミニ列車の施設などがあります。

ここでは、市川市動植物園のおすすめスポットをご紹介します。

動物以外の生き物も学べる「自然博物館」

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

園内に入るとすぐに大きな建物がありますが、その建物が自然博物館です。

自然博物館の中では昆虫や爬虫類などの小型の生き物の展示や、地元市川に生息する生き物の説明や市川の地形や歴史について学ぶことができます。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

館内では市川で見ることのできる野うさぎやたぬき、ネズミ、ハクビシンなどの剥製やそれぞれの生き物の習性などが解説されています。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

剥製はかなりリアルで動物についての説明書きもあるので、子供にとってはとても勉強になるエリアです。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)
24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

その他にも、市川の地形の変遷や地形が変わることによって変化していった生き物の種類や習性などが解説されており、大人でも思わず「へー!」と声が出てしまうような展示ばかりです。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

展示の後半には、ウーパールーパーやカエルなどの比較的小型の生き物が展示されていますが、ここで最もレアな生き物がアオダイショウです。

市川市動植物園のアオダイショウはただのアオダイショウではなく、なんと珍しいアルビノのアオダイショウのため、色は真っ白。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

まるで何かの民謡に出てきそうな真っ白なヘビはとても綺麗でした。

生き物の展示スペースには常に係員が駐在しており、子供が興味深々に生き物を見ているとその生き物について解説してくれたりするので、子供連れにはとても助かります。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

ザリガニ釣りができる「親水公園」

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

市川市動植物園に入って右側にあるのが、親水公園です。

ここでは小さな小川が流れている公園があり、川にはザリガニが放流されているので、冬以外の季節であればザリガニ釣りを楽しむことができます。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

釣竿やバケツは無料で貸し出しを行っており、売店で餌となるスルメイカさえ買えば簡単にザリガニ釣りを楽しむことができます。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

昔はその辺の川に行けばザリガニ釣りはできましたが、今ではザリガニが釣れるところもかなり少なくなっているので、このような遊びを体験できるところはとても貴重ですよね。

小川沿いにはベンチやログハウスの休憩スペースもあるため、自然を感じながらのんびりするにもぴったりな場所です。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)
24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

動物たちと触れ合うことができる「なかよし広場」

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「動物たちとのふれあい」をテーマにしている市川市動植物園で最も人気のエリアが、様々な動物たちといつでも触れ合うことができる「なかよし広場」です。

なかよし広場では、柵の中であればどこでもヤギやミニブタ、モルモットなどとふれあうことができます。

他の動物園の場合、動物とふれあうことができる時間は決まっており、イベントのスケジュールを常に気にしながら行動しなければいけません。

しかし、市川市動植物園ではモルモットは開園中はいつでもふれあうことが可能ですし、ヤギとミニブタは開園から15時半ごろまで、うさぎは開園から16時ごろまでふれあうことができるので、時間を気にせずに園内を回ることができます。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)
24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

休日は混み合うため、空いている時間などを狙って行くのがおすすめです。

※新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言などにより、ふれあいイベントを中止している場合があります。

鳥類が放し飼いされているエリア「フライングケージ」

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

園内で一際大きな施設は、さまざまな種類の鳥が放し飼いされているフライングケージです。

施設の中は広々として開放感があり、至近距離で生き物を観察できる人気のエリアです。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

中にはフラミンゴの集団やキリッとした顔がかっこいいシュバシコウ。

羽が虹色に発色していて美しいムギワラトキや、真っ白な姿が綺麗なシロトキなどの鳥も展示しています。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

園内では檻に入っているわけではないので、比較的自然な状態で鳥を観察できます。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

木の上に乗っている場合などもあるため、フライングケージでは上の方にも注意を払いつつ注意深く観察しましょう。

市川市動植物園の人気者「レッサーパンダ舎」

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

市川市動植物園で最も人気が高いのが、市川市のゆるキャラにもなっているレッサーパンダです。

市川市動植物園で展示されているレッサーパンダは「シセンレッサーパンダ」という種類で、市川市の友好都市である中国の四川省から贈られたものです。

市川市動植物園ではレッサーパンダの展示スペースは多く、檻の中に飼育されているのを観察できるのはもちろん、檻がないところでも展示しています。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

レッサーパンダはとにかく可愛いので、市川市動植物園に行った際はぜひレッサーパンダを観察してみてください。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)
24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

関東では市川市動植物園だけ「スマトラオランウータン」

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

市川市動植物園の一番奥のエリアでは、オランウータンの展示もしています。

世界には3種類のオランウータンが生息していますが、2017年に新種として発見された「タパヌリオランウータン」は日本にはおらず、日本の動物園にいるのは「ボルネオオランウータン」か「スマトラオランウータン」のみです。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

中でもスマトラオランウータンは展示している動物園が少なく、関東でスマトラオランウータンを見れるのはここ市川市動植物園のみ。

市川市はインドネシアの北スマトラ州と姉妹都市になっているので、北スマトラ州から贈られたために貴重なスマトラオランウータンを展示できているそうです。

オランウータンのイーバン君は、かなりワイルドな顔つきでかっこいいです。

ぜひ市川市動植物園でイーバン君を見に行ってみてください。

また、市川市動植物園ではニホンザルの展示を行っている「サル山」もあります。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

映画のセットに出てくるようなかなり本格的なサル山では、サルたちがのびのびと生活している様子を観察することができます。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

さらに、サル山とは別なエリアとなっている「サル舎」では檻の中にはなりますが、様々な種類のサルを展示しています。

愛くるしい姿が可愛いボリビアリスザルや、まるでパンダのような色合いが可愛いエリマキキツネザル、とてもワイルドで見ているだけで迫力があるマンドリルなど、サル一つとっても色々な種類がいて、見ていても飽きません。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)
24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

市川市動植物園は、サル好きにはたまらないスポットです。

乗り物にも乗ることができる「ミニ鉄道」

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

オランウータンが展示されている手前のエリアでは、子供たちが喜ぶミニ鉄道が設置されています。

1人110円の別料金がかかりますが、新幹線E5系ハヤブサなどが走るミニ鉄道は子供に大人気の施設で、週末には15分~20分ほど並ばないと乗れないほどの人気ぶりです。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

小さいながら作りはかなりリアルなので、電車好きな大人の方も喜んで乗っているのを見ます。

電車の種類は日によって変わりますが、お正月の開園初日には本物の石炭を燃やして走るミニ蒸気機関車(SL)の特別運行などもあります。

また、ミニ鉄道の奥には子供たちが外で遊ぶことができる遊具が設置されているスペースもあります。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

遊具スペースの隣には休憩所となる建物もあり、遊び疲れた子供が休憩することもできるので、子供が動物に飽きてしまっても安心ですね。

24時間遊べる「大慶園」を徹底取材!千葉県最大級のアミューズメントパークを満喫しよう♪
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

市川市動植物園

住所 : 千葉県市川市大町284番1

アクセス :

JR武蔵野線「 市川大野駅」からバスで10分
JR総武線「本八幡」よりバスで約25分

電話番号 : 047-338-1960

休館日 : 毎週月曜日、年末年始

営業時間 : 9:30~16:30

大慶園は大人も時間を気にせず遊ぶことができる、千葉県市川市にある遊園地です。

たまには学生時代を思い出して、朝まで学生時代の友達と遊ぶのも良いでしょう。

また、親子連れの場合は、ぜひすぐ近くの市川市動植物園にも足を運んでみてください。

提供元・TABI CHANNEL

【関連記事】
浅草のおすすめ観光デートスポット20選&絶品グルメスポット6選
東京の高級ホテル16選!一度は宿泊してみたい東京のおすすめ豪華ホテル
日本の猫島7選!全国各地から猫好きの聖地を厳選
香川県の観光地22選!うどんだけで帰らないで!
プーケットの観光地17選!タイ旅行では欠かせない定番ビーチリゾート