学校の教師として働いていたシングルマザーが、子供2人を自宅に残し、新しい交際相手とともに旅行に出かけていたことが発覚。このたび起訴されたことを、『PEOPLE』『NEW YORK POST』などが報じている。

■わが子を放置し彼氏と旅行

アメリカ・コネチカット州のウォーターベリー市で今月15日、公立学校の教師をしていたケリー・リン・キャヴィアスカという36歳の女が逮捕された。

わが子を自宅に置き去りにし、恋人と3日間の旅行に出ていたことが発覚したもので、ケリー容疑者は子育ての放棄、およびわが子の命を危険にさらした容疑など、複数の罪に問われるとみられている。

■元夫で子供の実父が通報

裁判所に提出された宣誓供述書によれば、容疑者の元夫で子供たちの実父が、ケリー容疑者について警察に通報したことで事件は発覚した。「昨年11月20日から11月22日までの3日間、ケリーは子供2人を自宅に放置し、男と旅行にでかけていた可能性がある」という内容だった。

月曜日だった11月22日、子供たちが無断欠席しているとスクールから知らされ、子供たちに電話。「自宅にいる。大人も一緒」などと答えた子供たちだが、「ママは」と尋ねても毎回「ちょっと出かけている」という返事で、うそをつくよう強要されている印象があったという。