モーリシャスに拠点を置くアフラシア銀行は、「富裕層に人気の移住先ランキング(Global Wealth Migration Review 2020)」を発表しました。

豪が5年連続首位「富裕層に人気の移住先ランキング」

モーリシャスに拠点を置くアフラシア銀行は、資産リサーチ会社のニュー・ワールド・ウェルスと共同で「富裕層に人気の移住先ランキング(Global Wealth Migration Review 2020)」を発表しました。
ランキングは2019年の1年間に、資産100万ドル以上の富裕層がどれだけ移住したのか、その人数と増加率をまとめたものです。
富裕層の不動産購入データや、各国の起業家・投資家ビザの統計、移民専門家やウェルスマネージャーなどから収集した情報をもとに調査が行われました。
その結果、トップ10は以下の通りとなり、オーストラリアが5年連続で首位を獲得しました。

富裕層に人気の移住先ランキング(Global Wealth Migration Review 2020)

  1. オーストラリア
  2. アメリカ
  3. スイス
  4. カナダ
  5. シンガポール
  6. イスラエル
  7. ニュージーランド
  8. アラブ首長国連邦
  9. ポルトガル
  10. ギリシャ
    富裕層が移住先を選ぶ際には、治安や生活水準のほか、教育、事業チャンス、税制、医療制度、環境、政府の方針など多岐にわたる基準が考慮されます。
    上位10か国はこれらの基準を満たしていますが、なかでもオーストラリアは、治安や生活の質、教育制度など数々のランキングで上位にランクインし、富裕層にとって快適に暮らせる条件が整っています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる