経団連の十倉雅和会長(住友化学会長)は1月24日の定例記者会見で、日本の水際対策の緩和を政府へ求めました。

新型コロナウイルス対策で外国人の新規入国を禁止する、現行の水際措置は「鎖国状態」だと指摘し、早期の国際往来再開を求める姿勢を強調しました。

目次

  1. 経団連会長、水際対策巡り「鎖国状態」解消求める

経団連会長、水際対策巡り「鎖国状態」解消求める

経団連の十倉会長は、1月24日の定例記者会見で日本の水際対策について言及しました。

外国人の新規入国禁止という現行の水際措置について、オミクロン株が国内でも大勢を占めつつある現状では「現実的ではない」として見直す必要性を訴えました。

入国禁止の初期対応については「最初に大きく網をかけるというのは正解だった」として評価しましたが、オミクロン株の感染拡大により見直す時期に来ているのではないかと指摘しました。

また「ビジネスは国内だけで成り立っているわけではない」として、海外との往来の断絶により、外国企業との技術協力やM&A交渉などに支障をきたしていると訴えました。

2022年1月にワクチン接種証明書の保持者等の入国を可能とし、措置の緩和に踏み切ったイスラエルなどの現状に言及し「迅速で機敏な見直しをぜひお願いしたい」と述べました

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる