こだわり抜かれた濃厚魚介つけ麺で多くのファンを魅了してきた「麺屋一燈」。

麺屋一燈の魚介や鶏白湯、甲殻類を組み合わせたスープは、他店には真似できない唯一無二の味。
徹底的な味への追求が話題を呼び、多くのグルメ系口コミランキングで上位を獲得してきました。

また、店舗での提供に留まらず、カップ麺や冷凍食品も監修し大手コンビニチェーンでも商品を展開。
本記事では、そんな今一番勢いがあると言っても過言ではない「麺屋一燈」の魅力をご紹介します。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

【目次】数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
麺屋一燈とはどんなお店か
麺屋一燈へのアクセス

麺屋一燈とはどんなお店か

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

「麺屋一燈」は、新小岩に本店を構える人気つけ麺専門店です。

多くの専門誌やグルメサイトでランキング1位を獲得し、つけ麺激戦区の東京でも圧倒的に評価されています。

その人気はラーメン・つけ麺ファンが口を揃えて「今食べるべき一杯」と評すほど。

今一番勢いに乗っているといっても過言ではない人気店ですが、その魅力はどんなところにあるのでしょうか。

その秘密はなんといってもこだわり抜かれた味です。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

定番メニューの「濃厚魚介つけ麺」は、鶏白湯に5種類の魚介、甲殻類を混ぜ合わせた唯一無二のスープが自慢。

塩や小麦粉も数種類を掛け合わせ、徹底的においしさを追求しています。

「濃厚魚介つけ麺」をはじめとしたメニューは、どれも一度食べたら忘れられない味です。

有名ラーメン店「中華蕎麦 とみ田」の富田氏に弟子入りした店主が開店したのが「麺屋一燈」です。

そこで学んだ味やサービスの細部に至るまでのこだわりで、多くのファンを魅了してきました。

洗練された味が話題を呼び、国内だけでなく台湾、バンコクにも店舗を構えています。

2022年以降カナダのバンクーバーにも新店をオープン予定で、その広がりは留まるところを知りません。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

さらに、実店舗だけでなく、2020年には大手コンビニチェーン ローソンとのコラボレーション商品も発売し、その名前は全国的に知られるようになりました。

麺屋一燈へのアクセス

早速「麺屋一燈」への行き方をご紹介します。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

麺屋一燈の最寄り駅は、総武線「新小岩駅」です。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

新小岩駅を降りたら北口改札へ向かいます。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

改札を出たら右側の道を進みます。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

大通りに出たら左にまっすぐ進みます。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

横断歩道を渡り、さらに左に進みます。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

20mほど進むと「カクヤス」が見えてくるので右側の道に入ります。

数々のランキングで1位を総舐め!濃厚魚介つけ麺「麺屋一燈」を徹底取材
(画像=『はらへり』より引用)

テイクアウトで購入できる自動販売機が目標です。