アメリカのハイアット・ホテルズ・コーポレーションは、中国・海南省にハローキティホテルを開業する予定であることを発表しました。

三亜ハローキティリゾートの一部として、2025年までにオープンする予定です。

目次
中国初の「ハローキティホテル」海南省の象徴へ

中国初の「ハローキティホテル」海南省の象徴へ

ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは1月13日、中国初となる「ハローキティホテル」を海南省三亜市のハローキティリゾート内に建設すると明らかにしました。

同グループと香港のキーストーングループによる共同開発で、ハイアットグループのJdV byHyattブランドのホテルとして運営予定ということです。

ホテルは、ハローキティのデザインやその他サンリオキャラクターで飾られた221の客室、レストランとバー、スイミングプールなどを備えており、あらゆる年齢のサンリオファンに「革新的なデザインとテクノロジーによる魅力的な体験」をアピールするとしています。

キーストーングループの最高経営責任者であるJefferyPun氏は、「ホテルと三亜ハローキティリゾートは海南省の観光スポットのシンボルになる」と述べており、旅行需要の高まりに応えたいとしています。

同ホテルは2025年に開業予定です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる