マーケティングソリューション企業のDragon Trail Internationalが1月13日に発表した最新の調査によれば、中国人の2022年の旅行計画で、目的地の1位に日本がランクインしました。

目次

  1. 中国人の2022年の旅行計画、日本が1位

中国人の2022年の旅行計画、日本が1位

Dragon Trail Internationalは、海外旅行経験のある1,045人の中国人を対象に、2022年の旅行計画について調査しました。

調査は2021年12月に実施され、その結果が2022年1月13日に発表されました。

回答者の78%が新年の海外旅行を検討しており、55%は具体的な目的地の候補があり、海外旅行が可能になれば行く予定があると答えました。

さらに17%は具体的な日程も検討しており、海外渡航規制が解除されるのを待っている状態だと答えました。

実際に次回旅行の予約まで行ったのはわずか12人で、全体の1%にとどまりました。

旅行先として最も多く挙げられたのは「日本」で、177票を獲得して全体の17%を占めました。

候補地の中で2桁のパーセンテージを獲得したのは日本のみで、タイとオーストラリアがそれぞれ8%、フランスが7%、韓国が6%となっています。

<参照>

TTG ASIA:Chinese consumers make move on travel plans for 2022

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる