北海道留寿都村の「ルスツリゾート」が、世界各地のスキー場を表彰する「ワールド・スキー・アワード2021」の日本部門で最優秀賞を受賞しました。

目次
ルスツリゾート、世界スキー賞の日本部門で最優秀賞

ルスツリゾート、世界スキー賞の日本部門で最優秀賞

北海道ルスツリゾートは1月17日、世界各地のスキー場を表彰する「ワールド・スキー・アワード2021」の日本部門「Japan’s Best Ski Resort 2021」で最優秀賞を受賞しました。

ルスツリゾートは「Japan’s Best Ski Resort」を2017年、2018年、2019年と3年連続で受賞しており、今回の受賞は2年ぶり4度目です。

イギリスに事務局のある「World Ski Awards」は、旅行業界のオスカーと評される「World Travel Awards(ワールド・トラベル・アワード)」のひとつで、世界のスキー観光産業の中で最も名誉ある賞とされます。

日本以外にも世界中のスキーリゾートやホテル、旅行会社などを対象として各カテゴリー部門が設定されており、2021年5月31日にノミネートが発表されていました。

メディアや旅行会社などスキー業界に携わる専門家と、一般スキーヤーからのインターネット投票の選考を経て最優秀賞が発表されたものです。

例年はオーストリアにて表彰式が開催されていましたが、今回はオンラインでの発表となりました。

ルスツリゾートは加森観光が所有・運営する北海道最大級のオールシーズンリゾートで、支笏洞爺国立公園に囲まれた、札幌の新千歳空港から約90分の立地にあります。

リゾート施設内に2020年12月に誕生したコンドミニアムスタイルのプレミアムホテル「The Vale Rusutsu」も、「World‘s Best New Ski Hotel 2021(世界ベスト・ニュー・スキー・ホテル部門)」で最優秀賞を受賞しました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる