瑠璃光院は、京都府洛北にある、SNS映えする絶景が話題の寺院です。

春は青もみじの新緑が魅力的。 紅葉シーズンになると、黒机に反射する紅葉を見るために多くの観光客が訪れます。

以前までは非公開だったのですが、公開してほしいとの声が多く、現在では春と秋だけ一般公開されるようになりました。 近年では、書院2階にある黒机から映る風景が幻想的で話題となり、写真家だけでなく一般の観光客からも人気のスポットです。

本記事では、瑠璃光院の春と秋の見どころとアクセス、周辺スポットについて詳しくご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

目次
瑠璃光院とは
瑠璃光院へのアクセス

瑠璃光院とは

京都・瑠璃光院の見どころとアクセス、周辺スポットを詳しく紹介!幻想的なリフレクションが見どころ
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「瑠璃光院」は、京都市街地から少し離れた八瀬(やせ)に位置している浄土真宗の京都本院です。

八瀬は長い間、貴族や武士達に愛されてきた保有地でした。

京都奥座敷の不便な場所で、 季節限定の春と秋のみの公開となっている にも関わらず、毎年多くの観光客がはるばる訪れます。

京都・瑠璃光院の見どころとアクセス、周辺スポットを詳しく紹介!幻想的なリフレクションが見どころ
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

京都の新緑や紅葉の隠れた名所はどこかと聞かれると、瑠璃光院と答える人も多くいるほど。

書院のどこから撮っても、映える写真が撮れるでしょう。

中でも、黒いテーブルから映る木々のリフレクションが有名です。

インスタ映えすることから、最近ではその幻想的な写真を撮ろうと観光客がこぞって集まっています。

拝観料は2,000円と他の寺院と比べると決して安いとは言えませんが、それだけの価値があるところです。

この料金は、 パンフレットの他に写経用紙と見本、ボールペンなどが含まれたもの 。

京都・瑠璃光院の見どころとアクセス、周辺スポットを詳しく紹介!幻想的なリフレクションが見どころ
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

順路通りに進むと、有名なリフレクションの後すぐ、 2階の書院には写経コーナーがあります。

書院の入口で受付の人から写経セットをもらえます。

せっかくここまで来たなら、写経体験をして帰るのがおすすめです。

写経は見本をなぞって書くだけで、全然難しくないので安心してください。

また、瑠璃光院では御朱印がもらえるので、御朱印を集めてる人は1階でもらうのを忘れずに。

庭園内は大きくないですが、ゆっくり回ると1時間くらいはかかるでしょう。

ぜひ時間をかけて、瑠璃光院の美しい日本庭園鑑賞と写経体験を楽しんでみてくださいね。

瑠璃光院(るりこういん)

住所 : 京都府京都市左京区上高野東山55
アクセス :
叡山電鉄八瀬比叡山口駅より徒歩5分
京都バス八瀬駅前バス停より徒歩7分
比叡山ケーブル八瀬駅より徒歩5分

電話番号 : 075-781-4001
定休日 : 期間中は休みなし
営業時間 : 10:00~17:00(受付終了16時30分)
料金 : 春・秋の特別拝観 2,000円、中高生(大学生は学生証提示)1,000円、身体障害者手帳ご提示1,000円、小学生以下無料
備考 :
普段は非公開、春と秋の年2回のみ特別拝観
三脚、自撮り棒の使用は禁止されているのでご注意ください。写経机にカメラを置いての撮影はOKです。

瑠璃光院へのアクセス

京都・瑠璃光院の見どころとアクセス、周辺スポットを詳しく紹介!幻想的なリフレクションが見どころ
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

瑠璃光院への行き方は、以下の通り大きく3つあります。

  • 電車だけで行く方法
  • 地下鉄とバスで行く方法
  • バスだけで行く方法

ここでは、分かりやすく「JR京都駅」を起点にした行き方をご紹介します。

どの行き方でも大きく時間は変わりません。

なお、 瑠璃光院には駐車場がないため、行かれる際は公共交通機関を利用しましょう。

電車だけで行く方法

京都・瑠璃光院の見どころとアクセス、周辺スポットを詳しく紹介!幻想的なリフレクションが見どころ
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

電車だけで行く場合は、まず「JR京都駅」から電車でJR奈良線で「東福寺駅」まで向かい、京都本線に乗り換えます。(運賃420円)

京都本線に乗ったら終点の「出町柳駅」で叡山電鉄に乗り換え、「八瀬比叡山口駅」で下車。(運賃430円)

八瀬比叡山口駅から瑠璃光院までは 歩いて5分とアクセス良好ですよ。

所要時間は約50分です。

地下鉄とバスで行く方法

地下鉄とバスで行く場合は、まず「JR京都駅」から地下鉄烏丸線「国際会館駅」まで向かいます。(運賃290円)

国際会館駅に着いたら、京都バス19系統に乗り「八瀬駅前」で下車後、バス停から徒歩7分で瑠璃光院に着きます。(運賃230円)

所要時間は約50分です。

バスだけで行く方法

時間は他の2つの行き方よりかかりますが、 バスなら乗り換えなしで行けます。

JR「京都駅」から京都バス17系統に乗り、「八瀬駅前」で下車後、駅から歩いて7分ほどで瑠璃光院に着きます。(運賃400円)

所要時間は約50分。

ただし、所要時間は 道路の混雑状況によっても変わるため、目安として捉えてください。

特に紅葉シーズンは混み合うことが予想されます。

少しでも交通費を節約したい人は、バスで行くのが良いでしょう。

バスは本数が限られているので、 あらかじめ時刻表を確認してから行くのがおすすめです。

予定や日程に合わせて、最適な行き方を選んでくださいね。