シンガポール航空グループの2021年12月の旅客数が、59万人超と前月から倍増しました。

ワクチン接種者の入国を隔離措置なしで認める「ワクチントラベルレーン(VTL)」の導入で復調しています。

目次

  1. シンガポール航空、12月の旅客数が前月から倍増

シンガポール航空、12月の旅客数が前月から倍増

シンガポール航空グループの2021年12月の輸送実績について、本体と格安航空子会社スクートを合わせた旅客数が59万6,300人となりました。

新型コロナウイルスワクチン接種者を待機措置なしで入国を認める「ワクチントラベルレーン(VTL)」制度の導入により、旅客数が前月から倍増しました。

旅客数は前年同月比では約8倍となっており、コロナ禍直前の2020年1月の45%の水準まで回復しています。

なお搭乗率は46.5%で、前年同月から32.8ポイント上昇しました。

シンガポールでは、2021年9月にワクチントラベルレーンが導入され、12月はバンコクなど新たに8都市が対象になったことで旅客数が急増しました。

ただしオミクロン株感染拡大の影響により、2021年12月23日~2022年1月20日の対象便の航空券は、新規販売が停止されています。

1月21日以降も、座席数は半減となっているため、今後の見通しは不透明となっています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる