全日本空輸(ANA)グループは1月18日、2022年度の事業計画を策定したと発表しました。

初めてピーチ・アビエーションと共同で事業計画を策定し、コロナ後の需要回復を最大限取り込み、グループ全体の収益最大化を目指すとしています。

目次

  1. ANAグループ、2022年度航空輸送事業計画策定

ANAグループ、2022年度航空輸送事業計画策定

ANAとピーチ・アビエーションは、初めて共同でANAグループ航空輸送事業計画を策定し、1月18日に発表しました。

国内線では、回復が想定される旅客需要を最大限取り込み、グループ全体での収益最大化を図るとしています。

ピーチを含むグループ全体で、座席供給量をコロナ禍前と同水準の、2020年度期初計画並みまで戻します。

またANAは、機材の大型化や国際線機材の活用により需要獲得を狙い、減便路線はあるものの運休路線はありません。

伊丹/松山、関西/宮古、中部/札幌、仙台、松山、宮崎、那覇、福岡/那覇、仙台/札幌の各路線で増便を計画しており、ゴールデンウィークや夏休み期間にも、北海道と沖縄を中心として季節運航を実施する予定です。

国際線では、各国の出入国規制や需要トレンドの変化を見極め、柔軟で機動的な供給調整を行うとしています。

ANAは羽田発着の北米路線を成田に切り替え、アジア~北米間の乗り継ぎ需要を強化します。

ピーチは訪日外国人を中心とした需要の段階的な回復を見込んで、運休路線の運航再開を計画しています。

さらに貨物事業では、貨物専用機の最大活用と旅客機活用による、貨物専用便の積極的な運航を通じて増収を図るとしています。

<参照>
ANA:2022年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる