JALグループは1月18日、2022年度国内線の基本便数計画を決定しました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による減便などは、今後の需要動向を踏まえて順次決定するとしています。

目次

  1. JALグループ、2022年度国内線基本便数計画を決定

JALグループ、2022年度国内線基本便数計画を決定

JALグループは1月18日、2022年度国内線の基本便数計画を決定したことを発表しました。

JALグループの目標「2050年までにCO2排出量実質ゼロ」の達成に向け、 JALではエアバスA350-900型機、日本エアコミューター(JAC)ではATR42-600型機の導入を進め、省燃費かつ低騒音という環境性能を兼ね備えた新型機を使用して環境負荷低減に貢献します。

また大阪(伊丹)発着路線について、大阪(伊丹)~鹿児島線、繁忙期は大阪(伊丹)~沖縄(那覇)線を増便する予定です。

さらに琉球エアーコミューター(RAC)の沖縄県内路線についても、宮古~石垣線と沖縄(那覇)~与那国線を増便する予定です。

大阪(関西)発着の宮古線と、名古屋(中部)発着の宮古線、石垣線については、2021年度に引き続き繁忙期の季節運航を継続します。

東京(羽田)発着の沖縄離島路線(宮古線、石垣線、久米島線)については、JAL便名での運航を継続し、需要動向に応じた運航機材の大型化により、提供座席数を増やすとしています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる