オランダとデンマークは1月14日、中国の人権問題を懸念し、北京五輪に政府外交団を派遣しない方針を表明しました。

目次

  1. オランダとデンマーク「北京五輪に政府外交団派遣しない」

オランダとデンマーク「北京五輪に政府外交団派遣しない」

1月14日、オランダとデンマークは、2月に開幕する北京冬季五輪に、政府外交団を派遣しない方針を表明しました。

中国の人権問題を懸念したもので、オランダ外務省の報道官は中国の新型コロナウイルス感染防止規制に言及し、「(オランダが人権問題を懸念する)主催国と協議する機会が、規制の影響で限られる」と説明しました。

オランダのウィレム・アレクサンダー国王も、北京五輪へは不参加の意向を示しています。 

またデンマークのコフォズ外相は、「デンマークは中国の人権状況を非常に懸念している。政府は北京五輪に出席しないと決定した」と述べました。

これに先立ちフランスで開催されたEU(欧州連合)外相会議では、北京五輪への政府高官派遣をめぐり、統一した対応が決定されていませんでした。 

北京五輪をめぐっては新疆ウイグル自治区などにおける人権弾圧に抗議して、すでにアメリカやイギリス、カナダのほか、ベルギーやリトアニアなども外交ボイコットを表明しています。

<参照>
ロイター:オランダとデンマーク、北京五輪に外交団派遣せず
jiji.com:デンマークとオランダ、北京五輪に政府代表送らず

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる