タイ政府は、新規受付を停止していた隔離なし入国制度(Test&Go)について、2月1日から登録受付を再開することを決定しました。

目次

  1. タイ、隔離なし入国再開 2月1日から全ての国・地域

タイ、隔離なし入国再開 2月1日から全ての国・地域

1月20日に行われた新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)本会議後の会見で、タウィーシン報道官は隔離なし入国を2月1日から再開することを明らかにしました。

日本を含む全ての国・地域からの旅行者が対象で、同日からタイランドパス登録サイトでTest&Goを選択できるようになるとしています。

世界各地で感染が拡大しているオミクロン株について、ほとんどが無症状または軽症であることから、水際対策を緩和しても対応可能だとして、再び外国人旅行者の積極受け入れへ方針転換しました。

ただし防疫強化策として、タイ到着時のPCR検査に加え入国5日後にもPCR検査が必須となります。

検査費用は2回とも自己負担で、宿泊施設の事前予約は初日と5日目が必要となっています。

さらに、現在プーケット、スラーターニー(サムイ島、パンガン島、タオ島)、クラビー、パンガーの4県限定のサンドボックス制度についても、対象エリアを拡大しパタヤやチャーン島なども対象に加わります。

<参照>

アジアトラベルノート:タイ、隔離なし入国再開 2月1日から全ての国・地域

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる