シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所は2022年1月12日、「デジタル・クライシス白書2022」を公開しました。

近年、デジタルメディア上での「炎上」や、正確な情報と不正確な情報が混じり合い社会に影響を及ぼす「インフォデミック」が増加傾向にあります。「デジタル・クライシス白書2022」では、2021年に発生したこのような危機や重大なトラブルについて調査分析したものです。

調査では、2021年の炎上発生件数が1,766件で、前年と比較して24.8%増加したことなどがわかりました。

目次
2021年の炎上発生件数は1,766件、前年比24.8%増
炎上を最も認知している性別・世代は?

2021年の炎上発生件数は1,766件、前年比24.8%増

2021年に発生した炎上事案は1,766件でした。前年(1,415件)と比較すると、24.8%増加しています。

月別で比較すると、炎上事案が最も多く確認されたのは3月の224件でした。その後4月から5月にかけては減少傾向がみられ、6月以降は大きな変化は見られませんでした。

2021年の炎上発生件数、前年比「24.8%増」の1,766件に
(画像=▲2021年の炎上発生件数:プレスリリースより、『口コミラボ』より引用)

炎上を最も認知している性別・世代は?

1日1回以上「炎上」を認知していると回答した人は、男性が17.5%、女性が14.4%と、男性の割合がやや高いものの大きな差はないという結果になりました。

年代別では、週1回以上「炎上」を認知している人は、10代(68.3%)がトップでした。年齢が高くなるにつれ、認知している人の割合は低くなっています。

2021年の炎上発生件数、前年比「24.8%増」の1,766件に
(画像=▲炎上を認知する頻度【男女別】:プレスリリースより、『口コミラボ』より引用)
2021年の炎上発生件数、前年比「24.8%増」の1,766件に
(画像=▲炎上を認知する頻度【年代別】:プレスリリースより、『口コミラボ』より引用)